マカに含まれる成分、サポニン

マカには多くの有効成分がありますが、ここではサポニンについて説明します。

サポニンは豆類、ブドウ、ナマコなどに多く含まれています。植物によって分類は多少違ってくるのですが、大豆のサポニンについて聞いたことがある人も多いでしょう。シャボンと語源は一緒で、界面活性作用があり、水に溶けると泡立つので、石鹸としても使われていました。

細胞膜を傷つけたり、赤血球を破壊したりという毒性がありますが、通常、マカを摂取する分には問題ありません。適切にとれば、様々な病気の予防になり、症状の改善にもつながります。

まず、肥満を予防するという働きがあります。サポニンが脂肪の蓄積を抑制してくれるのです。
それから、中性脂肪などが活性酸素により酸化する(過酸化脂質)のを抑えるので、肺機能の強化や、動脈硬化の予防などが期待できます。
他にも血中コレステロール値を下げる働きや、血流の改善など、生活習慣病の予防に効果があるといわれています。

マカは男性の精力増強を主に謳っていることが多いのですが、サポニンも一役買っています。サポニンによって精子の量が増えるといわれているのです。

このように、マカは天然の植物ですから、様々な成分がバランスよく含まれているのです。

↑ PAGE TOP